ジョジョの奇妙な冒険、中東で非難…殺害指示の場面にコーラン

日本の人気アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」の中に、悪役がイスラム教の聖典コーランを読みながら主人公らの殺害を命じる場面があり、アラビア語圏のウェブサイトで批判が高まっていることが22日までに分かった。原作コミックスの出版元でアニメ製作も主導した集英社(東京)は同日、問題のアニメのDVDと原作コミックスの一部を出荷停止にすると発表した。

 中東では「コーランを読めば悪者になるという趣旨か」などの書き込みが300以上のサイトに拡大。イスラム教スンニ派教学の最高権威機関アズハルの宗教見解委員長アトラシュ師は「イスラムに対する侮辱で受け入れられない」と非難した。

(中略)

 「イスラムへの攻撃だ」「日本までもがイスラム教徒を悪人に仕立て上げている」との指摘や、中には「アニメを放映したテレビ局を爆破しろ」との過激な意見もある。

via 日本アニメ、中東で非難…殺害指示の場面にコーラン – ZAKZAK


あーあ。
これはいくらディオ様とはいえ怒られても仕方がない。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク