禁煙薬で意識消失…米航空当局「使用禁止」。

 米製薬大手ファイザーの禁煙治療薬「チャンティックス」(一般名バレニクリン)の服用後に視覚障害やけいれん、意識消失などの症状が多数報告されたと、米国の民間団体「安全な薬物治療のための研究所」(ペンシルベニア州)が21日発表した。


ファイザー社と言えばバイアグラが真っ先に思いつくんですが、こいつも失明する危険性があるとか言われてました。
(因みにハルシオンもファイザー社製品で、色や形がバイアグラとそっくりだったりする)
このチャンティックスという薬は日本でも発売されているそうなのでチャレンジ精神旺盛な貴兄は是非。



禁煙薬で意識消失…米航空当局「使用禁止」:社会:スポーツ報知

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク