ブログに死ね死ね書いてはいけません。

 横浜市は24日、インターネットの自分のブログに「死ね死ね死ね…」などと上司を攻撃する記載をしたとして、市立小学校の男性教諭(29)を免職の分限処分にしたと発表した。

 教諭は4月から条件付き採用期間中。市教育委員会に「子どもの前でしかられるなどして不満があった。ぶつけようのない怒りをブログに書いた」と話したという。

 市教委によると、男性教諭は、女性主幹教諭を名指ししてブログに「死ね死ね死ね…」と50回以上書き連ねたほか「ホント殺したい」「教師殺しがあったら、それはオレです、絶対」などと書き込んだという。

 女性副校長に対しても「教頭抹殺したい」と記載していた。県からの情報提供で発覚した。

 市教委は、教員としての適格性に欠くとして、懲戒処分ではなく分限処分にした。

上司に「死ね死ね」50回…ブログで攻撃の教諭を免職 | ZAKZAK

ブログに死ね死ね書いて職を失うとかみなぎり過ぎだろ…。
これは他人事としてではなくて、ぼくらも真っ直ぐに受け止めなくてはならない問題かもしれませんね。

でもExecutionerは死ね。

ブログ炎上

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク