携帯使用は小学生3割、中学生6割、高校生96%

携帯電話(PHSを含む)を使っているのは、小学生の3割、中学生の6割に上り、高校生ではほぼ全員が使っていることが内閣府の意識調査(速報)で分かった。携帯電話の使用で「友人とのコミュニケーション」が増えたと思う青少年が多かった一方で、減ったものとしては睡眠時間や学習時間が挙がった。

日本が絶滅の危機に晒されてますよコレ!!

関連記事:ケータイ使用で精子減少

asahi.com

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク