WorldWide Telescope。

宇宙大好きなあの人に使って欲しいソフトウェア。
まだ実際に使っていないので何とも言えませんが、なんでこんな要求スペックが高いのかと…。

WorldWide Telescope
WorldWide Telescope

NASAなどの各種機関によって提供された各種天体望遠鏡からの数テラバイトに達する高解像度な画像をマウスクリックだけで見まくることができ、自宅のデスクトップでちょっとしたプラネタリウム気分を体験することができます。

作ったのはマイクロソフトで、利用は無料。現在はベータ版とのことですが、かなりいい感じに仕上がっています。

(中略)

なお、要求されるスペックはかなり高く、以下のようになっています。

CPU:Intel Core 2 Duo 2GHz以上推奨
メモリ:1GB(2GB以上を推奨)
ビデオメモリ:128MB(256MB以上を推奨)
HDD:10GB以上の空き容量(高解像度画像をダウンロードするため)
解像度:1024 x 768以上
OS:XP SP2以上(Vistaを推奨)
その他:DirectX 9.0c以降と.NET Framework 2.0以降が必要で、できる限り高速な回線も必須

GIGAZINE – 夜空を縦横無尽に天体望遠鏡で見まくる気分が味わえるフリーソフト「WorldWide Telescope」


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク