HTML5も先取り、Safari最新版がリリース。

3月18日、Mac OS XおよびWindows XP/Vista向けWebブラウザの最新版「Safari 3.1」の無償ダウンロード提供を開始。


 Flashなどプラグインを使わずにHTMLにオーディオやビデオを埋め込む「video」「audio」のタグをサポート。これは2008年1月にWeb関連技術の標準化団体W3Cから最初のドラフトがリリースされた「HTML5」に含まれるもので、Webブラウザによる正式サポートは初。同様にHTML5で取り入れられる予定のWebブラウザ側のクライアントサイドストレージもサポートする。これはブラウザ上で実現される簡易SQLデータベースで、従来サーバ側に保存していたデータをブラウザ側で蓄積・検索できるようになる。

Safari 3.1 ダウンロード

メニューが日本語になってウェェェェェェェェェェ!!!!ウィィィィィィィィィィ!!!!

Safari 3.1
@IT



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク