ドラクエIX発売前流出のワケ 犯人はネットで“神”扱い。

 爆発的なセールスを記録しているニンテンドーDS用ソフト「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」を、ファイル交換ソフト「Share(シェア)」を使ってインターネット上に流出させたとして、千葉県警は30日、著作権法違反容疑で愛知県内の男を逮捕した。また、神奈川県茅ケ崎市の男も逮捕する方針。2人は7月11日の発売前にドラクエのデータを流したことで、ネット上では“神”扱いされていた。県警は入手ルートの特定を急いでいる。

 同県警によると、2人は7月上旬、自宅パソコンから「シェア」を使ってデータをネット上に流出させ、ドラクエの開発元、スクウェア・エニックスの著作権を侵害した疑い。

 流出は県警のサイバーパトロールが7月1日にシェア上で発見。ゲームに詳しいライターは「超話題作が発売の10日以上前という段階で流出したことにシェアユーザーの間で衝撃が走った」と証言する。県警は8月下旬までに2人の家や関係先などを家宅捜索。2人の流したデータをダウンロードしていた千葉市内の利用者も参考人として任意で事情聴取した。

 2人に接点はなく、それぞれが独自に入手して別々にネット上へ流したとみられる。捜査関係者によると、2人とも動画の無料配信などが趣味。茅ケ崎市の男は200以上ものゲームデータをアップロードしていたという。

 ドラクエIXは7月11日に発売されたシリーズ最新作。出荷は400万本を超え、都市圏の電車内ではワイヤレス通信機能を使った「すれ違い通信」でユーザー同士が交流するなど、多くのユーザーに愛用されている。

 その一方で、ファイル共有ソフトを使った不正入手も後を絶たない。2人が流したデータは、相当数の人間がダウンロードしているとみられる。データは東京・秋葉原などの電気街で入手可能なマジコンと呼ばれる裏ツールにコピー。マジコンをDSに差し込めば、本物とまったく同じドラクエをプレーできる。前出のライターは「2004年11月に発売された前作のドラクエVIIIの時も発売3日前ぐらいにファイル共有ソフト『ウィニー』で流出した。フライング流出は常態化している」と話している。

ドラクエIX発売前流出のワケ 犯人はネットで“神”扱い – 社会 – ZAKZAK

そういえばこの間、日本橋をフラフラしていたら露店で普通にマジコン売ってて驚いた。

「あっ、なんやマジコン売ってるやーん」
とか言ってたら露店の小汚い兄ちゃんにその声が聞こえたようで、
「IMADAKE!」
って言ってました。

そんなもんマホカンタで跳ね返しましたけどね。
っていうかDSiじゃマジコン使えんしエクソ氏ね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク