スベってしまったときの対処方法12パターン。

【1】「あ。スベった。」と状況解説する。
スベったことを受け入れ、状況を解説するパターンです。周囲の人も共感し、自然と笑ってもらえるかもしれません。

【2】「残念! ウケなかった。」と残念な気持ちを伝える。
周囲の人の同情を誘うパターンです。反省した表情を見せつけ、笑いを誘いましょう。

【3】スベってしまったにも関わらず、「スベりそうになった?」とボケる。
スベったことを認めず、ボケるパターンです。突っ込んでくれる仲間がいれば、場は和むでしょう。

【4】「やっちまったぁぁ!」と叫び、勢いでごまかす。
勢いでごまかし、場の空気を変えるパターンです。しかし、場合によっては、さらに寒い空気となるリスクがあるので、注意が必要でしょう。

【5】とりあえず、ひとりで笑う。
ひとりで笑い、その場を乗り切るパターンです。周囲の人が引いてしまうリスクがあります。

【6】「スベったので、ダメ出しをしてください。」とお願いする。
ダメ出しをお願いすることで、その場の空気を和ませるパターンです。ダメ出しをしてくれる人がいない場合、さらに空気は凍りつくので注意が必要です。

【7】「すみません。」と小さくつぶやき、謝る。
「ちょっとかわいそう。」と周囲に同情してもらうパターンです。子犬のようにつぶやきましょう。

【8】「静かに聞いてくれて、ありがとう。」と静寂に対してお礼を述べる。
お礼を述べ、笑ってもらうパターンです。なお、このお礼によって、さらに静かになった場合、手に負えない事態となります。

【9】「いやー、いつもはもっと面白いのですよ。」と言い訳する。
言い訳をするパターンです。まったく説得力がないので、白い眼で見られるリスクがあります。

【10】何もなかったかのように話を続ける。
スベったことを「なかったこと」にするパターンです。しかし、周囲は「コイツ、スベったよ。」と心の中で思っています。

【11】「なぜ面白いのか?」について敢えて解説する。
「笑うポイント」について解説するパターンです。大爆笑するような解説ができるのであれば、実践しても良いかもしれません。

【12】「では、取っておきのトークを披露しよう!」と再チャレンジする。
再度チャレンジするパターンです。一度、スベっている分、「笑い」に対するハードルは上がっているので、自信のあるネタを披露する必要があります。

スベってしまったときの対処方法12パターン | スゴレン

【13】「お前のせいでおれがさぶい感じになってもたやないか!」と隣のヤツのせいにする(’~`)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク