「S」はスピードの「S」

 iPhone 3GSの最大の特徴はスピードだ。iPhone 3GSが華々しいデビューを飾ったアップルの開発者向けイベント「WWDC 2009」にて、同社の上級副社長、フィル・シラー氏は「SはスピードのS」と説明した(関連記事)。

 そのときには正直、速さ自体にはそれほど興味を持たず、音声コントロールなど、iPhone 3GSの性能を見えやすい形で表した新機能に心を踊らせていた。

 ところが、実際にiPhone 3Gと3GSを並べて比較してみると、そのあまりに明白な差に圧倒されて、改めて「スピード」の重要さを思い知った。

ASCII.jp:これが実機だ! iPhone 3GS、国内最速レビュー【その1】

「S」はスピードの「S」wwwwwww

というかリンク先にアプリを起動する際の比較動画があるんだけど正直見るんじゃなかった(´・c_・` ;)

欲しい過ぎるんですけど!

でもついこの間コムを機種変したばっかだもんなぁ…。
あと一年ぐらいは今のiPhoneで頑張らねば。
もう誰かを殴りたい。
綺麗な足をした女子高生とかを殴りたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク