中1が「先生を流産させる会」結成。

 愛知県半田市の市立中学で1月に1年の男子生徒11人が「先生を流産させる会」を結成し、妊娠していた30代の女性担任教諭の給食に異物を混ぜたり、いすのねじを緩めたりする悪質ないたずらをしていたことが28日、市教育委員会への取材で分かった。

 市教委は、4月から産休に入る予定の同教諭の体調に異常はないとしているが、学校は生徒と保護者を呼んで注意し、生徒らは謝罪したという。

 市教委によると、席替えの決め方や部活動で注意されたことに不満を持った生徒らが、ほかの生徒に声を掛けて同会を結成。1月下旬から教室で教諭が座るいすの背もたれのねじを緩めたり、理科の実験で使った食品添加物のミョウバンや食塩を持ち出して教諭の給食にこっそり入れたりした。

 また、チョークの粉や歯磨き粉などを混ぜたものを教諭の車にかけたりもしたという。

 2月下旬に給食への異物混入を目撃した生徒が別の教諭に報告して発覚。市教委は「普段から命の大切さについては授業で触れてきている。これまで生徒に問題行動があったとの報告は受けていないが、極めて悪質ないたずらで、あらためて学校への指導を徹底したい」としている。

中1が「先生流産させる会」結成 愛知の市立中、悪質いたずら – 47NEWS(よんななニュース)

いたずらってレベルじゃねえぞ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク