グーグル検索2回でおよそ7gの二酸化炭素が排出。

グーグル検索2回でおよそ7gの二酸化炭素が排出–米物理学者が指摘:ニュース – CNET Japan

ハーバード大学の物理学者Alex Wissner-Gross氏によると、デスクトップコンピュータ上で一般的なGoogle検索を1回行うと、およそ7gの二酸化炭素が排出されるという。よって、Google検索2回分の二酸化炭素排出量は、やかんでお湯を沸かした時の排出量に匹敵する、と英国The Times紙は現地時間1月11日付けの記事で報じている。その程度なら大した量ではないと思われるかもしれないが、同記事によるとGoogleが1日に扱う検索の件数はおよそ2億件に上るという。

そういえば似た様な話で、地面に落ちている一円玉を拾い上げる際に消費するカロリーを金額に換算すると一円以上かかるって話をどこかで聞いたことがあるなー。

それでも自販機の下にはお前らのドリームが詰まってるはずだ!
夢を諦めるんじゃねえバーロー!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク