2009年1月1日に「うるう秒」の調整、3年ぶりの実施。

2009年1月1日に「うるう秒」の調整、3年ぶりの実施

 総務省と情報通信研究機構(NICT)は12日、2009年1月1日に「うるう秒」の調整を行うと発表した。前回の調整は2006年1月1日に行われており、3年ぶりとなる。

 うるう秒の調整は、原子時計をもとに定められている時刻と、地球の自転・公転に基づく天文時との間にずれが生じるため、ずれが0.9秒以上にならないようにする目的で行われるもの。

 今回の調整では、日本時間で2009年1月1日の午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に、うるう秒として「8時59分60秒」を挿入する形で行われる。これにより、2009年1月1日は通常よりも1秒長い1日となる。

 NICTでは、ネットワークを利用した時刻合わせに使われるNTPサービスや、電波時計などに時刻情報を提供する標準電波、放送局などに時刻を通知しているテレフォンJJYなど、各種の日本標準時サービスを提供しており、これらのサービスについても「うるう秒」の対応が行われる。


閏秒 – Wikipedia

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク