コンゴ、サッカー場で11人死亡 呪文めぐり乱闘

ロイター通信によると、コンゴ(旧ザイール)東部で14日、地元サッカーチーム同士の試合中、選手の1人が呪文を唱えたところ乱闘となり、11人が死亡した。地元ラジオが15日伝えた。

劣勢だったチームのゴールキーパーが試合の流れを変えるため、前に出てきて呪文を唱えたという。
その後乱闘となり、警察官が駆け付けたが群衆に石を投げられた。警察は催涙ガスで応酬、死者のほか負傷者も複数出た。

コンゴでは今も呪術信仰が残っている。

via:コンゴ、サッカー場で11人死亡 呪文めぐり乱闘

ゲームの流れを変えるための呪文じゃなくて、乱闘を起こす呪文だったんじゃないのかー。
なんにしても威力の高い呪文だ。
ぜひ覚えたい。