CloudFlareを導入したらコメントのIPがCloudFlareになっちゃうの。

CloudFlareを導入したらコメントのIPがCloudFlareになっちゃうの。 いや別にコメントをくれた人のIPなんてどうでもよかったんですけど、コメントスパムに対して手立てを取る際に必要となってくるのでメモ。

CloudFlareを導入するとWordPressがサクサク反応してくれて気持ちが良いのですが、この記事のタイトル通り、コメントの書き込みIPがCloudFlareになっちゃうの。
なんでもCloudFlareがリバースプロキシとして働いているらしいの。
いやん。ばかん。あはん。

そもそもスパムコメントが厭だったら、AkismetSI CAPTCHA Anti-Spamでもぶち込んでおけばいいだけの話なんだけど、アクセスそのものを拒否りたいこともあるんです。

「もう!あなたの顔なんて二度と見たくないっ!!」
ってことです。
でもたまたま付き合いで参加した仮面舞踏会で偶然バッタリ、なんてこともあるかもしれません。
そうなるとお互い気まずいですよね。
「なんでよりによって仮面舞踏会なんかで…」って。
でもいいなー仮面舞踏会。
ちょっと憧れませんか?
機会があればぜひ参加してみたいです仮面舞踏会。
舞踏会なのにあまりダンスのイメージがしてこない仮面舞踏会。

それはさておき。
スパマーのアクセス自体を弾くためにも、敵のIPは知っておかないといけません。
うん、きっとそう。

じゃあどうすんだよこれ。
と思ったけど、そこは必要なものは大抵揃っているWordPress。
まじありがたやーなんですけどみたいな。


その名も「CloudFlare」というプラグインを使えばたちどころに解決するであろう的な?
設定も簡単で有効化したら、CloudFlareに登録しているメールアドレスとAPIキーを入力するだけ。
これで以後のコメントIPを正しく取得できるようになったった。

ちなみにおまけ機能として、スパムコメントをCloudFlareに報告することもできる。
報告したから何?
とか意地悪なことは言わない。
というかそんなこと知らない。
ボタンがあったら押してみる。
そんな人にぼくはなりたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク