スウェーデン産V系「YOHIO」

今回はYOHIO(よひお)って人をピックアップ。
OK、いいぜ。
さっさと脱いじゃえよパンツ!!

YOHIO YOHIO YOHIO YOHIO

誕生日:1995年7月12日
身長:168センチ
体重:48キロ
髪の色:ブロンド
眼の色:グリーン/ブラウン
ピアス:無
タトゥー:無
香水:無

スウェーデンの音楽一家に生まれたYOHIOは、6歳のころにピアノを始め、すぐに作曲をスタートさせる。ギターとの出会いは11歳。その魅力に取りつかれたYOHIOは、ギターを弾くことが人生の一部となる。

2009 年の夏、14歳のYOHIOはヴィジュアル系バンドSeremedyを結成、”ビューティー&マッドネス(美と狂)”をテーマに曲作りを開始する。メン バー召集に苦労するが、やがてヴォーカルのSEIKEが加わり、2010年1月にバンドは完成。その後、2010年4月1日にスウェーデンのスンツヴァル で初のライヴ、直後にスカンディナヴィア最大の日本ポップ・カルチャー・コンベンション、UppConでパフォーマンスを行う。7月18日にはモスクワの XO-Clubでライヴ、同月には日本のヴィジュアル系雑誌、Cureにも登場。

2011 年3月、SeremedyはNinetone Records/Universal Musicと契約。11日にデビュー曲”Bulletproof Roulette”をリリースする。4月8日には同曲を含むEP”Seasons Will Change”もリリース、すぐに初の日本ツアーを行う。

同年10~11月には、V系最大のフェス”V-RockフェスⅡ”のオープニング・アクトとして出演、その来日中にOneman-liveを含むセカンドツアーを行い、同ツアー中にYOHIOは「Without Wings?空と約束した?」で初のリード・ヴォーカルを披露した。

敏感な日本のVロック・ファンは、YOHIOのルックス、堪能な日本語、そして驚異的なギター・テクニックを素早くキャッチ、既に熱狂的な”追っかけ”も多く存在する。尚、アメブロ上では、2009年の2月からYOHIO自身が日本語でブログを綴っている

もう随分とメディアでも取り上げられてるから知ってる人は知ってるだろうけど、
こいつ男やからなw


変なノリで無駄にパンツ脱がさせてすいませんでした。


というかV系もいいけど折角スウェーデンなんだから。
ねぇ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク