Chrome拡張機能のEXIF Viewerがいいの

気になる写真を見つけた時、それはもう手軽にEXIF情報を探れるEXIF Viewerを入れてみた。
もうイチイチ写真に名前を付けて保存したり、右クリックする必要はござーません。
しかもGPSデータが含まれているとGoogle Mapsへのリンクが自動的に追加されるからストーカー行為にも持ってこい(’~`)
Chrome Web Store – EXIF Viewer


例えばこんな感じで20代のFカップキャバ嬢と浮気しているナントカダイメっていう人の写真も、このようにEXIFデータが写真上部にオーバーレイ表示されます。
バカめが!!!!

残念ながらこの写真にはGPSデータは含まれておりませんでしたが、4月17日21:12に汚い指でSH01Cのシャッターを切ったことが分かりました。

EXIF Viewerの設定を変更することで他にも様々なEXIF情報を確認することができるようになります。

ExifVersion FlashpixVersion ColorSpace
PixelXDimension PixelYDimension ComponentsConfiguration
CompressedBitsPerPixel MakerNote UserComment
RelatedSoundFile DateTimeOriginal DateTimeDigitized
SubsecTime SubsecTimeOriginal SubsecTimeDigitized
ExposureTime FNumber ExposureProgram
SpectralSensitivity ISOSpeedRatings OECF
ShutterSpeedValue ApertureValue BrightnessValue
ExposureBias MaxApertureValue SubjectDistance
MeteringMode LightSource Flash
SubjectArea FocalLength FlashEnergy
SpatialFrequencyResponse FocalPlaneXResolution FocalPlaneYResolution
FocalPlaneResolutionUnit SubjectLocation ExposureIndex
SensingMethod FileSource SceneType
CFAPattern CustomRendered ExposureMode
WhiteBalance DigitalZoomRation FocalLengthIn35mmFilm
SceneCaptureType GainControl Contrast
Saturation Sharpness DeviceSettingDescription
SubjectDistanceRange
ExifViewer.CameraModel ExifViewer.Image.Width ExifViewer.Image.Height

あとはこんなのも便利そう。
Chromeで手軽にExif情報を確認できる拡張機能「Jeffrey’s Exif viewer」 : ライフハッカー[日本版]
こっちの方が項目ごとに整理されているから見やすくていいかも。
ただちょっとだけ手数が増えてしまうからそのあたりは好みで選べばええやんか(’~`)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク