“コンピューター”と“コンピュータ”

ぼくはエラ。

コンピューター関係の用語は、必ずと言っていいほど最後の長音を取る。いつの間にか受け入れてたこの法則。おかしな感じもするけど、なんだか専門的に見えるから不思議だ。
例えばコンピューターとは関係なくても、“デーブ・スペクター”を“デーブ・スペクタ”にすると、どういうわけかコンピューターっぽくなる。パソコン内に“スペクタ”っていう、カチッと鳴るまで差し込む部品がありそう。デーブ・スペクタを接続してみたくなる。

というか、スペクタさしこみてええええwwっうぇw

エキサイトニュース

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク