車に映画「少年メリケンサック」のステッカーでガソリン5円引き

東映が、高騰するガソリン価格を引き下げる異色プロモーションを展開することが12日、分かった。石油小売り業界最大手の宇佐美グループ(全国420店舗)とタッグを組み、映画「少年メリケンサック」(宮藤官九郎監督、来春公開)の宣伝ステッカーを車に張ると、1リットル当たり5円引きになる。このキャンペーンは20日から8月31日まで実施。広告力でガソリン価格を抑える仰天プロジェクトとして注目されそうだ。
(中略)
ステッカーを張った車が走ることで東映には映画宣伝となり、宇佐美グループは客足増加を望め、ドライバーは低価格で給油できる。3者が得をするという画期的なキャンペーンとして話題になりそうだ。

via車に映画のステッカーでガソリン5円引き | エキサイトニュース


この発想って有りそうで無かったよね。
チラシとかポスターとかありきたりの方法で金を突っ込むよりも色んな効果をもたらしてくれそう。
問題は「車に貼ってあるステッカーをどれほどの人が見ているのか」ということ。
大きさとかデザインにもよるとは思うけど、それ程注意深く見ないよなぁ。

ともかく、こういったキャンペーンがひとつのプロモーション方法として確立してくれれば面白いしお得だし貧乏人に優しい世の中になるのになぁと思った。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク