ニコニコ大会議で行われた「リアルタイム中傷」。

コメントはポジティブなものが多かったが、ひろゆき氏に「くちびるおばけ」とコメントが付いたり、会場から質問したユーザーが画面にアップで映ると、その特徴をあげつらって「ハゲ」「ゆとり」「うぜぇ」など中傷コメントが殺到したシーンもあった。

 ハゲと書かれた人は、しばらく声を失っていたところを、ひろゆき氏がフォロー。中傷コメントに対して自重するよう書き込むユーザーも多かった。本人もそれほど気にしていなかったのか、その後元気に質問をしていてほっとした。

 ニコニコ大会議は、ネットとリアルがシームレスにリンクした稀有な場だった。匿名コメントと生身の人間が直接つながったとき、われわれはどうふるまうべきなのかを、改めて考えさせられる場でもあった。

ニコニコ大会議で行われた「リアルタイム中傷」 – ITmedia News

ハゲの人は傷ついて言葉を失っていたのではなくて、純粋にその状況を楽しんでいたそうな。
ハゲのおっさんから一言(追記2回目有り)
全ての人にこの心のゆとりがあればいいのになー。
でもご本人にはそんな自覚は無く、凄く自然体なところが素敵です。

> 善意悪意を問わない率直な意見の可視化の流れも、そのうち当たり前になるんじゃないかな。
この辺り凄く共感。

ぼくもこんなハゲのオッサンになりたいと思いました。
嘘です。
やっぱりハゲたくはないです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

『ニコニコ大会議で行われた「リアルタイム中傷」。』へのコメント

  1. 名前:leo 投稿日:2008/07/10(木) 15:33:18 ID:d37139ccb 返信

    errorさんが難しいこと考えてる!

  2. 名前:error 投稿日:2008/07/10(木) 23:23:46 ID:1ac5c2788 返信

    >>leo
    すみません。
    精一杯普通の人のフリをしてみました。
    今から白菜埋めてきます。

スポンサーリンク