VAI – Down Deep Into The Pain。

最近の若い子はこういうのを聴かないからだめなんだよ。

VAI - Down Deep Into The Pain
ヴァイ/セックス・アンド・レリジョン(CD)

1993年に発表された天才(変態)ギタリスト、スティーヴ・ヴァイによる作品Sex & Religion
和訳すると「セックスと宗教」。
実に変態大爆発なタイトル。


このアルバムはソロではなくバンドとして発表されておりクレジットもVAIとなってるのが潔い。
それでも実際に聴くまではマイケルナンチャラーグループやらリッチーナンチャラモアズレインボーみたいな感じにした方がいいのになぁーと思っていました。
しかしこのアルバムを一通り聴き終わった頃には、
「ああ、これはSteve VaiのアルバムではなくVAIという名のプロジェクトなのだ!!」
と否応無しに納得させられてしまう一枚であった。

無論このアルバムを購入したきっかけは「スティーヴ・ヴァイのギタープレイが聴きたい」という理由だけだったのですが、このヴォーカルのDevin Townsendがただ者じゃない。
自分的にドストライクの声でクリーントーンも綺麗だし歌唱力も抜群。
ただ彼の声質には賛否両論あったようですけどね。
なので受け付けない人には全然ダメなのかもしれない。

脇を固めるメンバーもド変態ばかりで、スーパードラマーのTerry Bozzio、ベースにTMスティーヴンスというスゴ腕のテクニシャン達。
これ程迄のメンバーが繰り広げる楽曲には数々の変態プレイが散りばめられていますが、それらをサラっと聴かせてしまうところがさらに素晴らしい。
このアルバムは変態系音楽のマストアイテムであると言い切ってしまいます。
だから黙って買えやハゲ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

『VAI – Down Deep Into The Pain。』へのコメント

  1. 名前:hachi 投稿日:2008/07/03(木) 18:30:28 ID:f8b272d89 返信

    かっけえww
    ってかあのハゲ頭にあんなくっきり刺青いれちゃって大丈夫なのかw

  2. 名前:error 投稿日:2008/07/04(金) 12:40:07 ID:19d00a07b 返信

    >>hachi
    あのTATTOOはメイクだよー。
    というか今のDevin Townsendときたら頭髪がとても可哀想なことになってるんだよwww

    さながら落ち武者の様に…w

スポンサーリンク