iPhone App、Trapsterを入れてみた。

えらい評判がいいので物は試しと入れてみたTrapster


 「Trapster」は、オービス(速度違反を探知する装置)や、いわゆるねずみ取りが頻繁に行われるポイントなどに近づくとGPSでそれを感知。音声やバイブで警告してくれるアプリです。取り締まりポイントのデータベースは、ユーザーが場所や種類を登録したもので、ユーザー間で共有することでお互いを助け合うという仕組みです。

 全世界に向けたサービスで、現在はインタフェースが日本語化されていませんが、既に国内でもデータが集まり始めているようです。

 現在都心では以下のようなポイントが登録されています(数字はその周辺の取り締まりの地点の数)。もちろん地図を拡大すると、それぞれのポイントを確認することも可能です。

帰省で使ったiPhone アプリ : Trapster – :: 246 log ::


既にオービスCDインストール済みのナビ+レーダ探知機で万全の体制だし、なによりぼくは優良ドライバーなのでこんなアプリは必要ないんですけどね!

でも上の説明にある通り、取り締まりポイントをユーザ間で共有するってとこがなんとも楽しげじゃありませんか。
しかもレビュー呼んでみるとプッシュ配信に対応していて、アプリを起動しておかなくも通知を受け取ることができるそうな。
便利便利。
車よりもバイク乗りの方に有用なんじゃなかろうか。

なんかTwitterとFacebookとも連携を取っているようだったのでアカウントの設定をしておいた。
またTwitterがガチャガチャしそうで怖いところではあるがw
というかもうTumblrの投稿設定を切っておこうか…。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク