50Wハイパワー振動ユニット(DN-82305)買ってみた

スピーカーでは再現しきれない音域(重低音)の臨場感を『振動』で再現する50Wハイパワー振動ユニットです。
手作りホームシアターを構築したり、自動車用カーオーディオに追加するなど、お好みの場所に取り付けてお使いいただけます。
取り付けは、ホームシアターのサブウーファから分岐させて、このユニットを付けます。
使用方法は簡単。
振動ユニットを、台座や床、シートなどに取り付けます。
車内のシートに取り付ける場合は、人が座る直下に近い所に付けると、より良好な効果が得られます。
振動ユニットの配線は、サブウーファと同様にアンプに繋いでください。
中高音を含む一般的音声の場合は、ネットワークで低音のみの状態にカットして繋いでください。

上海問屋 DN-82305 (50Wハイパワー振動ユニット)


この振動トランスデューサで我が家もボディソニック(体感音響振動装置)導入だぜ!

そんな物より先にサウンドボードを…。
ええ、言われなくても分かってますよ。

実はこれずっと前から欲しかったのですが、買おうと思ったら売り切れていて、今回やっと上海問屋に再入荷したそうなので即ポチ。
勢い余って2つ購入してみた。

50Wハイパワー振動ユニット(DN-82305)買ってみた。
これまた安定の中華製ですので、箱は既に開封された跡がついており、中身はなぜか埃にまみれておりました(´・c_・` ;)
まぁそれはいいんですけど。
スピーカーケーブルを接続するところのボルトが噛んでいて、かなりの力で回さないと外れないという事例が発生しました。
無理やり回したけど壊れなかった点は評価する。

で、付属のネジでしっかりと椅子に固定。
そして先日購入したコイツが登場するわけです。
くっそ安いアンプ LEPAI LP-838を購入。

50Wハイパワー振動ユニット(DN-82305)買ってみた。
この椅子はちょっと作りが特殊で、背もたれと座面が浮いているような感じで設置されているんです。
身体に沿って自由に角度が変わってくれるので座り心地は良いのですが、果たして振動はちゃんと感じ取れるのか少し心配でした。
これに繋ぐアンプも安物だしね。

ところがどっこいすっとこどっこい。
独立しているLP-838のスーパーバスのつまみを一気に3分の1開けたところで、凄まじい振動がお尻に伝わってキター!!
しかも振動だけではなく、椅子から曇った音が出やがったw
鳴るじゃん。
椅子が鳴ってるじゃん。
うん、普通に気持ちが悪かったです。

なのでスーパーバスのつまみは角度にして5度程度で調整。
これでもズンズン響いてくるので、普通の椅子だったら電マぐらいブルブルしちゃうんじゃねーの?

というわけで、やっぱこれはローパスフィルタを通してちゃんと遊んだ方が面白いのかもしれない。

適当に2~3曲聴いてみた後、機動戦士ガンダムオンラインやってみた。
BGMを流してると揺れ続けてウザかったのでOFFにしてプレイ。
ドーンドーンと低音が入る度に椅子が震えてまじエクスタシー。
これはクセになるな!!!!

と、思ったけど30分で飽きたったわ。
でもこんなに低予算でボディソニックが組めるとは思わなんだので、これはこれで遊べてよかったと思うよ本当に。

さぁ、余っているもうひとつはどこに付けて遊ぼうかなー。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. takashiski より:

    電マ椅子wwwww

スポンサーリンク