ハイビーム&オイル警告灯繋いだ。

また性懲りもなく原付のこと書くね。
そろそろルナシーのドラマーのことを書いて欲しいとは思うんだけどまだ原付のことを書くからね。

せっかくメーターに付いてんだから光らせない手はないな!
ってことで、まずはフロントカウルを外して沢山ある線の内、どれがオイルとハイビームか割り出すところから始めた。


でもテスターなどというハイテク機材は持ち合わせていないので最近常連となりつつあるコーナンでお買い求め。
合わせて既存の線に割り込ませたりいんぐりもんぐりする為に必要になるであろう各種キボシや、それを上手にかしめることができる変なペンチみたいなアレ、適当な導線、サトウのごはんを買ってきました。


テスターを使いつつイグニッションをオンにしたりエンジンをかけてみたりしながら探り始めること2分。
「というか同じYAMAHAなんだから同じ色の線を繋げばいいんじゃね?」
と基本的なことに気付く。

ハイビーム警告灯であれば、左ハンドルから出ている束を探って同じ色のコード(確か黄色だったような)にテスターをかましてみるとやっぱりそうだった。
後はもういちいちテスターなんか使わずに場所と色で判断してサクサク繋いでいった。
線を加工するのに少々時間は取られたものの15分程度で完了(’~`)

ややこしいと面倒臭くなって作業を途中で切り上げるくせに、簡単に済んでしまうとそれはそれでモヤモヤするし、最近アッチの方がご無沙汰なのでちょっとムラムラしています。

で、次は何しようかなーと。
フューエルメーターの電球もどうせちゃちゃっと終わるだろうし。
やっぱ原付にシガーソケットを付けるという珍プレーに走ろうか。
メットインに収める形にしておけば雨もかからないし大丈夫でしょ。
携帯も充電できるし結構実用的なのかもしれない。

というかそろそろ引っ越しの準備を始めないといけないかもしれないので、あんまり遊んでいる暇もないんだけどね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. なるなる より:

    原付にシガー( ν )゜゜
    カッチョイイけど見えんと意味ないジャン。でも野外露出はできないし難しいですね。
    チャリ盗られて半年、徒歩生活の実刑を受けてるんやけどマジでそろそろ原付ほしくなってきたw

    • error より:

      なんとなくだけどチャリをパクられるのが良くお似合いですね!

      原チャリは普段車で使えないような細かい道をスイスイ走れるので使い様によっては車より便利で速かったりするのがいいぞ。
      でももうだいぶ寒いけどな!
      真冬に青姦したら体から湯気出ててびっくりするけどな!

スポンサーリンク