82歳の売春婦ってどないやねん。

【韓国ブログ】性にまつわる世界の10大記録、日本の記録もランクイン

世界のさまざまな話題を伝える、韓国のニュースサイト「プレス1」が1日、性にまつわる世界の10大記録を紹介した。ほかの韓国のメディアもこの話題を取り上げ伝えている。

「プレス1」によると、世界最高齢の売春婦は82才で、タイペイで「おばあさん」との愛称で呼ばれており、彼女は40年以上も売春をしてきたという。

また1日で最も多くセックスをした人物は、米国の有名なポルノ女優のリサ・スパークさんで、919人を相手にした。

日本人の記録としては、2009年5月に開催された第9回マスターベーションマラソンで、TENGA社の佐藤雅信さんが約10時間にわたって自慰行為に及んだという。
→ オナニーマラソンで、日本人男性が2連覇 : J-CASTニュース

世界最多カップルの同時性行為では、2006年に日本のAVメーカーSODクリエイトが企画したイベントによる、250組の男女500人の記録を取り上げている。

世界最多出産は69人で、ロシアのフョードル・ワシリーエフさんの妻が27回の出産で双子16組、3つ子7組、4つ子4組を産んだとされる。

このほかにも「90歳の世界最年長のパパ」などが紹介されている。韓国では性的な話題に関する規制が厳しいこともあり、この記録を紹介した韓国メディアのコメント欄には、記事に対する批判コメントも寄せられている。(編集担当:李信恵・山口幸治)


売春婦(82)

「おばあさん」との愛称で呼ばれておりって、いやいやいやいやいや。
それ愛称ちゃうからね。

しかし元気なバアさんってのはよく分かったけど、これ下手したら殺してしまうんとちゃうやろか…(´・c_・` ;)
元気があれば何でもできる!
猪木ボンバイエ!

コメントする