W杯無念、そのころ道頓堀では。

久々に息抜きするかーと駆り出された。

なんだ回ってないシースーでもご馳走してくれるのかと思いきや、
ワールドカップに乗じて道頓堀に飛び込むDQNどもを観察しにゆく羽目に…(´・c_・` ;)

いや、あの、ぼく。
できれば1分でも多く睡眠を取りたいんですが。



労働階級には選択の余地も与えられず、有無を言わさず道頓堀に召喚されたわけです。
到着した時点ではいつもの道頓堀。
まだサッカーの試合中だったしね。

そんなわけで、小さな居酒屋みたいなとこに入って、ひとまずワールドカップを観戦(’~`)
いやあ、惜しかったねー。
PKで負けるとか何か煮え切らない気がしないでもない。
okpkmpk。
でもホントのことを言うとサッカーにそれほど興味はないので別にどうでもいいんですよね。
はいはい、ごめんなさい。
だって、謝ればいいんでしょ?

で、実際は日本が負けたことよりも、
道頓堀へ飛び込む愚民どもの姿を見れなくなってしまうことが残念だったりね。
まぁそれでも物好きな人は飛び込んじゃうんじゃなかろうか、
という淡い期待を胸に一応えびす橋を確認しておくことにしました。

その様子がコチラです。
大 阪 絶 好 調 !
( ν) ゚ ゚( ν) ゚ ゚( ν) ゚ ゚( ν) ゚ ゚

ええ、どっちにしろ飛び込むんです。
みんなワールドカップなんてどうでもいいんです。

ついでに脱獄を失敗してセーフモードから復帰できなくなったiPhoneを使ってUstreamで中継してみました。



女の子も数名飛び込んでたり、中にはフルチンダイブを披露する漢もいたりと、
一足早いお祭りムードで楽しかったです。
いや、本当に楽しかったんだろうか。
なんだかとても眠いんだパトラッシュ…。

あと、なんと言うかここでは書けないハプニングなんかも発生したのですが、
それは書けないことなので書かないことにします。

じゃ、また。

Comments

  1. ピンバック: Tweets that mention W杯無念、そのころ道頓堀では。 | error.log -- Topsy.com

コメントする