Twitter、またダウン―サーバでのバグが原因。

 米Twitterで10月8日、数時間にわたって多数のユーザーのタイムラインがダウンした。Twitterのステータスサイトによると、同日午後12時27分には修復された。

 このサービス障害は、Twitterのサービスを提供している主要なサーバの1つでの“非常にまれな”状況で発生するバグによって引き起こされたという。Twitterはこのバグを修正し、再発しないよう最適化したとしている。

 この問題により、TwitterのSMSサービス経由のつぶやきが部分的に失われた可能性がある。

Twitter、またダウン――サーバでのバグが原因 – ITmedia エンタープライズ


非公開設定の人は画像と名前消しました。ぶっちのは嫌がらせとして目線いれましたごめんなさい。
ウイヨース。


コメントする