追い越しざまに大便投げつけて逮捕 大阪、暴行容疑。

 歩行中の女性をバイクで追い抜きざまに、自分の大便を投げつけたとして、大阪府警は16日、大阪府吹田市山田東1丁目の建設作業員、森口達也容疑者(39)を暴行容疑で逮捕したと発表した。

 摂津署によると、森口容疑者は今月3日午前0時55分ごろ、摂津市東正雀の路上で、アルバイトから帰宅途中の20代の女性をバイクで後方から追い抜く際、左手に持った大便を女性の頭部などに投げつけた疑いが持たれている。大便は犯行直前に自分で用意したものだという。

 16日未明にも同市内で別の女性が同様の手口で男に大便を投げつけられる事件があり、摂津署が関連を調べていたところ、森口容疑者が同日午後3時ごろに出頭してきた。森口容疑者は調べに対して2件の事件での犯行を認め「仕事でイライラしていた。女性との面識はなかった。逃げられないと思って出頭した」などと供述しているという。

asahi.com(朝日新聞社):追い越しざまに大便投げつけて逮捕 大阪、暴行容疑 – 社会


実に潔いゴリラチートですよね。

コメントする