Googleマップの”ピン”が都内に出現。

Googleマップの”ピン”が街中にあらわれる。グーグルは3日、世界13都市で展開している、著名人がお気に入りの場所を紹介する『わたしの好きな場所』キャンペーンの一環として、東京都内の駅構内にピン型オブジェを設置すると発表した。

これは壮大な珍プレー

グーグルは7月16日より、Googleマップの情報共有機能「マイマップ」を利用したキャンペーン「わたしの好きな場所」を実施している。ニューヨークやロンドンなど世界13都市において、同社が”トレンドセッター”とする著名人が好きな場所をGoogleマップ上で紹介するというもの。同キャンペーンを通じて、Googleマップの利用促進を狙う。日本では東京と京都が対象となっており、各界から選ばれた22名が国内外に向けて情報を発信。専用サイトを用意するほか、YouTubeにも公式チャンネルを設ける。

(中略)

なお、京都府内では、ピン型オブジェの代わりにピンマークをあしらったオリジナル提灯を使用する。各おすすめスポットや同キャンペーンに賛同を得られた店舗などに下げられるとのこと。

Googleマップの”ピン”が都内に出現 – 築地本願寺にはさらに”巨大ピン”も | ネット | マイコミジャーナル

いいなーこのバカバカしさ。
関西圏にもピン型オブジェ置いてくれたら絶対触りに行くのになぁ。

コメントする