タスポ情報、検察に提供 日本たばこ協会。

 たばこ自動販売機の成人識別カード「タスポ」を発行する日本たばこ協会(東京)が、特定の個人が自販機を利用した日時や場所などの履歴情報を検察当局に任意で提供していたことが25日、関係者の話や内部資料で分かった。行方の分からなかった罰金未納者の所在地特定につながったケースもあった。

 クレジットカードや携帯電話の使用履歴はこれまでも捜査当局に使われてきたが、タスポ情報の利用が明らかになるのは初めてとみられる。

 刑事訴訟法に基づく照会に回答した形となっているが、タスポの利用者は通常、想定していない事態だけに、個人情報保護の観点から「どんな情報を第三者に提供するのか、本人に明らかにすべきではないか」と、疑問の声も出ている。

 日本たばこ協会は、共同通信の取材に事実関係を認め、「法に基づく要請には必要に応じて渡さざるを得ない。情報提供については会員規約で同意を得ていると認識している」と説明している。

 関係者の話などによると、協会は求められた個人の生年月日や住所、電話番号、カード発行日などのほか、たばこ購入の日時や利用した自販機の所在地を一覧表にして提供。免許証など顔写真付き身分証明書の写しが添付された申込書のコピーを渡した事例もあった。

タスポ情報、検察に提供 日本たばこ協会 – 47NEWS(よんななニュース)

まじキモいな…。

犯罪者はコンビニで煙草を買うようにしましょう。
でも防犯カメラに映っちゃうのでやっぱり素直に禁煙しよう。

Comments

  1. Openwave Mobile Browser 6.2 Openwave Mobile Browser 6.2 Unknown Unknown

    ここコメントすんの初だわ…


    あたしゃタスポ作ってぬぁい〜
    タバコ屋のおっちゃんいつも何かくれるから(。・з・。)〜♪

    オバチャン今晩ひまやでしかし。

    1. Internet Explorer 8.0 (Compatibility Mode) Internet Explorer 8.0 (Compatibility Mode) Windows XP Windows XP

      >>hdk
      煙草屋のオヤジと援交していることは誰にも言わないから安心して!

      タスポなかったら不便じゃない?
      というか煙草税とられた上に個人情報漏らされるリスクを背負わされるぐらいなら本気で禁煙考えるわー。
      まぁ考えるだけで終わるのがいつものパターンなんですけどね!!

コメントする