ミロ・モアレさんがまたHなことしてる

お笑い芸人の罰ゲームからインスピレーションを得て実施されたこのパフォーマンス。
いや、それはさすがに嘘ですけど。

とにかく相変わらずエッチです。
通りすがりのしらないオッサンに、おっぱいを揉ませたり、チョメチョメをいんぐりもんぐりさせたりしています。
日本じゃきっと検挙されるレベルのエッチな企画ですが、どうやらこれもアートらしいです。

ミロ・モアレ – Wikipedia

「性行為の合意上の性質はここでのシンボルになる」

MiloMoiréのパフォーマンス “Mirror Box”は、人間のセクシュアリティの社会的な反映です。 「タップ・アンド・タッチ・シネマ」(1968年)の拡大再現と、1960年代に女性の権利のために戦っていたオーストリアのアーティストVALIE EXPORTの敬意を表しています。アーティストMiloMoiréは、力の構造を描写したり混乱させたりするために、彼女の体を武器としても楽器として利用しています。彼女は積極的に性的自己決定の女性的な表現を求め、芸術とブルジョアの道徳の境界を探究している。

パフォーマンスアーティストMiloMoiréは、鏡面でできた台形のスカートを着ています。正面の長方形の開口部は赤いカーテンで閉じられています。メガホンで彼女は膣に触れるために通行人を30秒間開口部に通すように誘う。 “私は今日、女性の権利と性的自己決定のためにここに立っています。女性は男性と同じようにセクシュアリティを持っています。しかし、女性は自分がいつ、どのように触れたいのか、そうでないときは、アーティストを宣言しました。
女性が彼女のセクシュアリティを公開し、積極的にイニシアチブをとり、親密な相互作用の明確なルールを定めた場合、どうなりますか?
性行為の合意の性質はここでシンボルになります。モアレはさらに女性の欲望を示す自由を取って、女性に性的な声を与えました。芸術家は女性の性欲の黒い箱の透明性によって男性の欲望の鏡として女性の体の支配的なイメージを補う。

必然的にミラーボックスを通して認識できるのは自分の自己だけではありません。ミラーリングされたボックスに対する視聴者の反響は、同時に、盗聴者から視聴者への役割の逆転、すなわちデジタル世界における私たちの役割に類似した不変の逆転の視覚的なメタファーになる。



コメントする